住宅ローン借り換え特集!金利比較一覧はコチラ
住宅ローン借り換え特集!金利比較一覧はコチラ > 借り換えの準備 > 住宅ローンの借り換えに提出する必要書類

住宅ローンの借り換えに提出する必要書類


マイホームを持つことが夢という人も多いことでしょう。

マイホームを持つためなら、辛い仕事も頑張れるという人もいます。

しかしマイホームを持つには高額な資金が必要になるので、簡単に購入できるものではありません。

ほとんどの人が一括で資金を払うのは難しいので、住宅ローンを組む人が多いです。

 

しかし住宅ローンを組むには、、厳しい審査があるので必要書類はしっかり用意しておくことが大事です。

必要書類は本人確認書類や収入証明書、印鑑、ローンの債務額がわかる書類を提出する必要があります。

審査は返済能力を厳しく調べるので、勤続年数が少なかったり、年収が少ない場合は審査に通ることが難しくなります。

過去に返済遅延がないことも審査に影響します。

今までにキャッシングやクレジットカードの返済遅延は一度もないから安心だと思っていても、携帯電話の支払いや通販の支払いが遅れただけでも個人信用情報機関に履歴が残っています。

そうなると審査に通ることが難しくなります。

信用情報機関の履歴は、一定期間すぎると消えるので、履歴が消えてから再び申込むといいでしょう。

 

◆銀行住宅ローン審査の特徴

銀行のローン審査は、他社の借入残高よりも他社の融資限度額が重視されます。

なので借入額は0円でも限度額が50万円ならば、今は50万円の借入残高があるとみなされます、
使用していないカードローンはすべて解約してから申し込むことが大事です。

今の金利が高いと感じている場合は、金利の低い住宅ローンに借り換えを考えた方がいいでしょう。

金利は変動するので、まめに金利をチェックして金利が一番低い時に借り換えるとかなり返済が楽になります。

ただし借り換えには審査があるので、年収が減った時など審査に通りにくくなります。

借り換え審査は前年度の収入が審査の対象になるので、前年度の所得証明書が必要書類になります。