住宅ローン借り換え特集!金利比較一覧はコチラ

住宅ローン 借り換え相談

Pocket

住宅ローンは非常に高額の融資を受けますので、その分利息負担も大きくなります。

その為、出来るだけ有利な条件のローンを利用することが大切です。

住宅購入時はローンを利用出来ることが最優先となってしまい、金利などの内容を深く検討しない場合も多いです。

しかし、返済を進めて行くにつれて、もっと有利な条件でローンを利用出来ることを知る場合も多いです。

その様な場合は、ローンの借り換えを検討することも必要となります。

 

場合によっては数百万円の負担を抑えることが出来ることもあります。

住宅ローンは単に融資額と金利だけを比較すれば良いのではなく、返済期間や固定金利・変動金利の違い、諸経費など様々なことを勘案して選ぶことが必要ですので、専門家に相談することも必要となります。

単純に低い金利のローンに借り換えを行っただけでは、メリットが無い場合があります。

住宅ローンを利用するには様々な諸費用を負担する必要があります。

 

例えば、融資事務手数料や抵当権設定登記費用、保証料、団体信用生命保険料、火災保険料などが必要で、これらを全て含めると数十万円の費用負担となります。

金融機関によっては、保証料や保険料が無料などの場合もありますので、金利以外の面にも眼を向けて考えることが大切です。

今現在利用してるローンよりも条件が良いローンを見つけたからと言って、すぐに借り換えを行ってはいけません。

そのローンよりももっと条件の良い商品があるかもしれません。

何度も借り換えを行っていては、前述の諸費用がその都度必要となりますので、負担がその分大きくなります。

じっくりと比較検討してから決定することが必要です。

その為には、ある程度の時間と労力をかけることが必要となります。