住宅ローン借り換え特集!金利比較一覧はコチラ

民間ローン 住宅ローン


住宅ローンには公的融資と銀行・労働金庫・信用金庫・生命保険会社・住宅ローン専門会社・ノンバンクなどの民間ローンがあります。

以前は公的融資と比べて民間ローンは金利基準が高めに設定されていましたが、現在は低金利と多様化によって借り手に魅力的なローンが多くなっています。

それでも銀行が中心的役割を果たしているようです。

平成6年に住宅ローンの自由化が始まり、それ以前は行政指導によってどの銀行でローンを組んでも金利システムは同じでした。

それが現在は金利はもちろん、保証金が無料になったり、毎月の返済額が一定額以上で定期的に変えられるローンもあるなどの理由から、民間ローンは重要な選択肢となっています。

このローンのメリットは買取型と比べて収入基準が緩やかに設定されていて、条件が合えば借入希望額すべてを満たせるかもしれません。

またローン対象物件の規制が少なく、買取型や財形住宅融資では価格や面積などの条件が決まっていますが、民間の場合は制限がありません。

 

そして買取型や財形住宅融資は借り換えができませんが、こちらのローンは最終的に資金が回収できれば良いとして、担保価値によって融資されるかどうかが決められます。

民間ローンの種類は3種類あります。

銀行・信用金庫では変動・固定金利選択型を中心におき、住宅ローン専門会社や保険会社は全期固定金利が中心です。

提携ローンは住宅販売業者が民間の金融機関と提携してローンを提供します。

その条件は緩やかで、窓口で扱われない金利優遇が適用されることもあり、金利のタイプは変動・固定・全期固定と様々です。

3つ目は社内融資で、職場が独自ローンを提供するものです。

勤務先が直接融資する他民間融資を利用し、利子補給する企業もあります。

ただし会社を辞める時に一括返済しなければなりません。